今月のおすすめ本

じっちょりんと歩いてみよう!

0617book01.jpg
 皆さんは、道ばたに生えた草や花を見たとき「どうしてこんな場所に」と感じたことはありませんか? それは、じっちょりんの仕業かもしれません。じっちょりんたちは推定1㎝の身体を持ち、家族で行動し、普段は家の軒下で暮らし、草花を食べ、毎日花の種を集めては、別の場所にまく―という生活をしています。
 読み始めるとじっちょりんの目線になって、あそこは隠れやすいとか、この草で編んだ籠は丈夫そうだとか、もしじっちょりんになったらこんな冒険がしてみたい、といろいろ想像するのも楽しいです。
 この話の他にも、春・秋・冬の話も出版されています。周りに生えている草花を観察しながら、それぞれの季節をじっちょりんの目を通して読んだり、お子さんがいらっしゃる方はぜひ一緒に楽しんで下さい。全部のページに何かが隠れていますよ。






自分に似合うバッグを知っていますか?

0617book02.jpg
 図書館で働いていると、毎日、読みたい本と読まなければならない本をたくさんバッグに詰めて持ち運びます。そのたびに「もっと軽い、適したバッグはないのか」と思っていたのですが、そんなとき本書に出合いました。
気に入ったステキなバッグだけれど、本当に使えるのか? 自分の体と生活にぴったりで十分な荷物が入り、中身がすぐに取り出せるのか? など、バッグを選ぶときの姿勢や、自分に合うバッグを妥協せずに見つけるよう、著者は提案しています。
 せっかく買った高いバッグでも、たんすの肥やしになってはもったいないですし、その逆でこのバッグこそ!というバッグに出合えたら、たとえ予算超えでも、実は妥協バッグをいくつも買い替えるより安い買い物かもしれません。
 本書を読んで、あなたの「マイバッグ」を見つけてみませんか?




紹介者:草津市立図書館/田中智子さん(こども本・おとな本)

今月のおすすめ本

世界で一番高いのは、どんな木?

0520book01.jpg
 科学が解き明かす現実の世界の不思議と、ファンタジーが描く現実には起こりえない不思議。全く違うベクトルの「不思議」が混ざり合ったのが、この絵本です。
物語は、少年が一冊の本を手にしたところから始まります。一見すると、普通の絵本。ところが、少年が本を読み進めるにつれ、周囲の様子が変わっていきます。窓の外に恐竜が現れ、天井に木の根が張りだして、最後には周りがセコイアの森になってしまうのです。
 淡々とセコイアについて説明する文章とは裏腹に、絵に描かれる少年の冒険はドラマチック。セコイアの森に紛れ込み、山火事に遭遇し、ビルより高いセコイアの木に登り、セコイアの樹冠でしか生きられない生き物に出合い...。
 少年と一緒に森の中を冒険しながら、セコイアを知る。冒険心と知的好奇心を同時に満足させてくれる一冊です。



もしも自分に特殊な力があったなら...

0520book02.jpg
 もし一目で他人の年収を知ることができたら、どうしますか?
 タイトルの「青藍病」は架空の病で、発症すると、超能力めいた能力が使えるようになります。本書は、その患者たちを描いた短編集。とはいえ、能力を使って大活躍するような話はひとつもありません。
 例えば「付近の動物に自分を攻撃させる能力」。役に立たないどころか制御不能で、その力を得た少年は、頻繁に周囲の動物に襲われる羽目になります。なのに、彼が片想いする女の子は動物好きで、外出時には動物同伴。少年は、彼女に近付くため、能力を制御しようと試みますが、トラブルに巻き込まれ...。
 「他人の年収を知る能力」「触れずに虫を殺す能力」―どの能力にも、思わぬ展開が用意されています。トラブルの緊迫感と、物語の切なさのバランスが見事。読後感が爽やかな、泣ける青春小説です。




紹介者:栗東市立図書館/玉川真弓さん(こども本・おとな本)

今月のおすすめ本

白黒で描かれた大迫力の野生動物

book1.jpgのサムネール画像
 大判の表紙からこちらを見据える圧倒的迫力のライオン。この威厳ある顔と出合ってしまったら目を奪われずにはいられません。見事なたてがみ、鋭い瞳、うねりのある精緻な毛並み。写真かと見まがうサバンナの王者は、よく見るとモノクロで描かれた絵であることにまず驚きます。そこには写真よりも深い陰影と物語があります。
 ライオンの次は、顔を寄せ合うゴリラの母親と赤ん坊の横顔。ふさふさの毛に触ってその柔らかさを感じられそうです。キリンが3頭、トラが4頭...ページをめくるごとに動物の数は1頭ずつ増え、最後のシマウマ10頭の構図は圧巻! おお、こうきたか、と思わず笑ってしまう驚きが。
 それにしても野生動物はどうしてこんなに美しいのでしょう。描かれたのはどれも絶滅が危惧される種で、「もしこれが地球に残った最後の〇頭だったら」と考えてほしいと作られた絵本です。





大丈夫、生きてごらん、と伝えるために


book2.jpgのサムネール画像
 「おかあさんのばか!なんにもわかってないんだから」、わめきながらドスドスと大股で地面を蹴って通り過ぎる、猛烈に怒った中学生の女の子に著者は遭遇します。そしてひそかに「怒れ! 怒れ!」と声援を送るのです。なぜ? 通常、怒りは抱くべきでない感情として扱われていて、子どもがケンカになりそうになると大人が止めに入り、園では「ごめんね」「いいよ」が氾濫しているというのに。
 教師として、怒ることのできない子どもたちをみてきた作者は、自分の体験も織り交ぜながら、怒りを禁じることで何が起こってきたか、穏やかさを求める気持ちの底に潜む暴力性について、納得できるエピソードとともに語りかけます。
 10代に向けて書かれた本ですが、「カワイイに潜むもの」「ひとりでいるっていけないこと?」「傷つく権利」など大人こそ、はっとさせられ常識を揺さぶられる言葉に満ちています。



紹介者:野洲図書館/宇都宮香子さん(こども本・おとな本)

今月のおすすめ本

0318book01.jpg

あたらしいともだちできるかな


 さっこちゃんはあたらしい家にひっこしてきました。かたづけに忙しいおとうさんとおかあさんをおいて、ひっこしのあいさつにいきました。けれどおとなりはひっそりとしていて誰もいません。
 そこでさっこちゃんは、ひとりのはらでお花をつんであそびます。のはらをたんけんしていくと、かわいらしいおままごとセットを見つけました。「おとなりの子のかな?」そう思ったさっこちゃんはタンポポをかざります。おやつを食べる間もおとなりが気になって仕方がありません。ふたりはともだちになれるかな?
 色鉛筆で描かれた絵はやわらかく見る者を温かい気持ちにさせてくれます。さっこちゃんの表情もとても豊かに表現され、新しい場所に引っ越してきた女の子の期待と不安な気持ちが手に取るように伝わってきます。新しい出会いの季節にぴったりの絵本です。



0318book02.jpg
29年の生の輝き、まさに青春

 この本は不思議だ。村山聖(さとし)という棋士が将棋に賭けた生涯をかなしいほど淡々とつづっていくその文章に、〝質量〟を感じるのである。本文ではシンプルに表現された言葉が並び、村山の歩んだ道を確実にトレースしていく。
 羽生、佐藤といった一流の天才棋士たちとの真剣勝負、師匠の森とのやり取り、とぼとぼと歩くその姿...。それらを客観的に表現する一語一語が重みを持って、読み手に少しずつ蓄積されていく。それは人の一生、努力、熱情、そういったものが塊として感じられるからかもしれない。
 読了感は決して〝重く〟はない。むしろある種の爽やかさまでもが感じられる。それはタイトル通り「青春」を描いた作品だからであろう。昨年映画化され、主演の松山ケンイチは「全身全霊をかけても足りない役」と語っている。小学校高学年にも読んでもらいたい一冊。




紹介者:守山市立図書館/井澤知恵さん(こども本)・竹村直也さん(おとな本)



今月のおすすめ本

イッサイに手加減は一切ナシ!?


0218book01.jpgのサムネール画像

 2月3日は節分でしたね。みなさんは、「鬼は外、福は内」と豆をまいて鬼を追いはらいましたか?
 さて、この絵本にも鬼みたいに恐ろしいヤツがいるようです。その名はイッサイ。めちゃくちゃ悪いことをして、動物たちを困らせているサイなのです! 例えば、お昼寝しているワニのしっぽを踏んづけたり、木の幹に体当たりをして木の上にいたサルたちを落としたり。イッサイは、動物たちにどれだけひどいことをしても知らん顔。
 困り果てた動物たちは、きのこちゃんという女の子に助けを求めます。イッサイの行動を観察したきのこちゃんは、イッサイをこらしめるある方法を思いつきます。そして、動物たちとともに作戦を実行するのですが...。あまりにも意外な結末にびっくりする絵本です。





すべてはこの日この時のために


0218book02.jpgのサムネール画像
 高校生の男子、依田いつかは3カ月前にタイムスリップしてしまいます。始まったばかりのドラマの結末、付き合っている彼女と別れることなど、すべて知っています。そしてこれから先、同級生が自殺することも。しかしなぜか、それが誰なのかは思い出せません。自殺を止めるために、いつかはクラスメートの坂崎あすなに相談を持ちかけます。名前の分からない「誰か」を探し始める2人。果たしてその「誰か」を見つけ、自殺を止めることはできるのでしょうか?
ミステリーの要素だけでなく、青春、友情、家族愛も描かれています。温かい気持ちになれる場面も数多くあるので、この著者の作品によく出てくる心がヒリヒリするような場面に辛くなっても、読み進めることができます。読者を裏切るような結末には驚かされますが、読後感がとてもさわやかな小説です。




紹介者:大津市立図書館/中村みづきさん(こども本)・山田敦子さん(おとな本)

今月のおすすめ本

0128book01.jpgのサムネール画像

何が起こるかな? 意外性を楽しめます

 表紙を見ると、タイトルの「だって...」というインパクトのある文字をはさんで、女の子とお母さんが何やら言い合っています。
ページを開くとまず、お母さんが女の子に「どうしてごはんのおかわりをしないの」と聞いています。すると女の子は、「だって...」と言い、次のページを開くと、テーブルの上にとてつもなく大きなご飯茶碗が置かれているのです。そんな大きな茶碗ではおかわりできませんよね。
このような、お母さんの「どうして...」と、子どもの「だって...」のやりとりが繰り返されます。そして、最後は反対に子どもが「どうしてだっこしてくれないの」と聞く大きな文字と、お母さんが「だって...」と答える小さな文字。
日常で繰り返される「どうして...」「だって...」も、この絵本を読めば親子で笑顔になれますよ。





0128book02.jpgのサムネール画像
幸せはどこから...、足元から!!

 「シューフィッター」をご存じですか? 最近はよく聞かれるようになりましたが、足にピッタリ合う靴との出合いをつくる人たちのことです。
普段から、なかなか自分に合う靴がなくて...と思われている方も多いはず。合わない靴を履いて足の健康を損ねないように、良い靴を履くことで幸せな気持ちになれるようにと、シューフィッターは努力を重ねているのです。そんなシューフィッターが奇跡を起こした靴にまつわる話をはじめ、足と靴の関係や健やかな足を保つコツ、シューフィッターについて、さらに彼らに出会えるお店リストまで掲載されています。
これを読むことで、日常生活で欠かせない靴の存在と足との関わりがわかり、またシューフィッターという強い味方がいるという安心感も得られ、健康的ですてきな毎日が過ごせそうですよ。



紹介者:草津市立南草津図書館/濱加代子さん

今月のおすすめ本


ぼくはウサギ、旅するウサギです

 主人公は旅好きなウサギさん。見た目は少年のようで、言われなければウサギには見えない。旅のスタイルは一人旅。長い旅や短い旅(ウサギさんによると〝さんぽ〟も含まれる)、いろんなところへ出かけていって、いろんな人に出会い、おいしいものを食べる。どこか日本的な景色の中、ローカルな旅をしているような、ゆったりした時間が流れる。本文と関係のないスケッチ風の挿絵も現実とファンタジーのあいだのような不思議な雰囲気を作り出している。
 一つ一つのエピソードはどれも短くて、どこから読んでも楽しめる。ワクワクする冒険や大事件は起きないけれど、心に残る言葉が、ところどころに散りばめられていて、読み応えは十分。次はどんな旅に出合えるのか、ページを開くのが楽しみになる一冊。





1217コラムブック02.jpg
卵かけご飯いただきます!

 お人好しで自称「ツイてる男」ムーさんこと村田二郎は、限界集落と呼ばれる蛍原村で養鶏業を営んでいる。ある日ムーさんは、村の活性化のため、自慢の卵を使った「卵かけご飯専門店」をつくると宣言する。 山奥に客は来ないというみんなの心配をよそに、なんとか開店はしたものの、にぎわったのは最初だけ。日に日に客足は遠のき始める。果たして村を元気にしたいというムーさんの願いはかなうのか...。
 無謀な開店に反対していた村の人たちが、いつのまにかムーさんの前向きな思いや人柄にひかれ、店に関わっていく。これは住民主体で地産地消という限界集落再生のヒントにもつながる。
 蛍原村の豊かな自然が全編に描かれ、ムーさんの卵かけご飯がとてもおいしそう。読後はほっこりとしたやさしい気持ちになること間違いなし。




紹介者:東市立図書館/奥野善久さん(子ども本・おとな本))

今月のおすすめ本

1119book01.jpg

このなぞ解ける? 手がかりは絵の中に

 ラッパを吹くリーダーのフェリックス、頭の回転のはやい女の子アデーレ、甘いお菓子が大好きなロロ、さいごにキキと、キキがいつも連れているリス。この4人と1匹が正義の味方「くろて団」のメンバー。好奇心旺盛な彼らは、小さな「なぞ」を一つ一つ追いかけるうちに、大きな事件を解決に導いていく...。
 「くろて団」の冒険物語を読みながら、読者もクイズ形式でなぞ解きを楽しめるようになっています。事件の手がかりは絵の中に隠されていますので、彼らと一緒に答えを探してみてください! きっと彼らの推理力と観察力の高さに驚かされるはずです。
この本の作者ハンス・ユルゲン・プレスの息子ユリアン・プレスが、父の作風を受け継いで発表した『くろぐみ団は名探偵』シリーズも出版されていますので、そちらもぜひお楽しみください。


1119book02.jpg
生きることいとおしむこと、物語にのせて


 冒頭、大学生のゆきなが兄の部屋で本を読んでいると、その兄本人がいきなり部屋に入ってくる。驚愕(がく)するゆきな。いつものように、イケメンで、読書家で、料理上手な「お兄ちゃん」。しかし、ゆきなと「お兄ちゃん」は、二度と会うはずではなかった。
 そうした「お兄ちゃん」とのたわいもない日常、優しい香月君との恋、それは当たり前のように思えて、絶対ではなかった。ゆきなは生きていく上で「失う」ことの痛みを身をもって知ることになる。
 サリンジャーの名作を思い起こさせるタイトルです。その名の通り、この小説を構成する9章には9つの物語のタイトルが付けられ、各話に重要な意味をもたらします。大きな出来事を乗り越え、一回り強くなったゆきなが最後に語る「小説」というものへの思いが、本を読むことのすべてを語っている気がします



紹介者:野洲図書館/梅原彩花さん(こども本)・大﨑優美さん(おとな本)

今月のおすすめ本

1022book01.jpg

ぬいぐるみは一番最初のおともだち


 鼻にかみつかれたり、首を持ってふりまわされたり、大きな耳で鼻水を拭かれたり。あの子の大事なぬいぐるみのゾウ、キリン、ライオンはもううんざり。こんどはもっといい子に買ってもらえるように、こっそり家出して動物園の売店に帰るつもりです。それなのにあの子が泣いて自分たちを探していると聞かされて、なぜだか胸がきゅーっと痛くなってしまいます。
 手荒な扱いを受けていたはずなのに、思い出すことはうれしいことばかり。売店かあの子の元か。果たして彼らが選んだ道は。
 あの子を思って揺れるぬいぐるみたちの心情が丁寧に描かれています。やさしく、少し憂いを帯びた挿し絵がそれを引き立ててくれます。
4ページごとにカラーの挿し絵つき。小学校低学年からはひとり読みにもおすすめです。






ひとりの研究者と日本の文化

1022book02.jpg
 日本文学研究の第一人者ドナルド・キーンさんは2012年、日本人になりました。この本はテレビ番組でのインタビューを活字化したものです。
 アメリカ生まれのキーンさんが初めて日本の文化に触れたのは1940年、英訳版『源氏物語』を読んだときでした。その後、大学や海軍で日本語を修得し、1953年に京都大学の留学生になります。
 日本美の真髄は銀閣寺にあると彼は語ります。床の間に生け花、墨絵といった現代人が連想する日本の伝統は東山文化が完成したものです。日本の美意識の特徴は質素なものを好むということ。彼もその質素な表現に心ひかれるというのです。
 東日本大震災の直後、「今こそ日本人とともに生きたい」と決意を表明。56年間勤めたコロンビア大学を退職し、日本に居を定めました。日本を愛する彼は日本人の底力を信じているのです。



紹介者:守山市立図書館/井澤知恵さん(こども本)・天谷真彦さん(おとな本)

今月のおすすめ本

book091701.jpgのサムネール画像
金色に光り輝く、子どもたちへの愛

 ドイツのハーフェルラントの村に、リベックじいさんが住んでいました。リベックじいさんは子どもが大好き。秋になり、屋敷の庭にあるなしの木に金色の実がなると、リベックじいさんは、それをかごいっぱいにもいで子どもたちに声をかけます。「なしをひとつ、いかがかな」。そうして何年もの年月が流れ、リベックじいさんはおだやかに天に召されました。
 ところがその後にやってきたいじわるな跡取り息子は、庭に柵を作って、なしの実をひとりじめにしてしまいました。しかし、リベックじいさんはそんなことはお見通しでした。自分がいなくなったあとも子どもたちになしを食べさせてやりたいと、遺言を残しておいてくれたのです。
ドイツのなしの木の伝説を下敷きにかかれた、美しい版画の絵本。表紙のリベックじいさんの満ち足りた笑顔が印象的です。





book091702.jpg
女性スタッフがみた黒澤明監督


 先日、黒澤明監督・三船敏郎主演映画「用心棒」とその続編「椿三十郎」をみました。他の映画もみたいと思っていたところ本書をみつけました。黒澤映画の長年のスクリプター(記録)だった著者が書いた黒澤組回想録です。
 戦後の日本映画界の混乱、黒澤明監督の苦悩、極寒のシベリアでの撮影、監督と三船敏郎らとの逸話など、黒澤映画の撮影話が著書自身の味のあるイラストと共に軽快に語られています。カメラワークから作中の音楽までこだわった監督に、スタッフが悪戦苦闘しつついかに応えたか、40秒の映像にも労力を惜しまずに映画が作られたことが本書でわかります。
 しかし、それらの大変な苦労話も、著者の柔らかい人柄がうかがえる文章のおかげで楽しく読むことができます。当時の撮影風景が目に浮かび、映画作りがとても魅力的に感じられる本です。



紹介者:大津市立図書館/西本麻理子さん(こども本)・戸田みつるさん(おとな本)