今月のおすすめ本

イッサイに手加減は一切ナシ!?


0218book01.jpgのサムネール画像

 2月3日は節分でしたね。みなさんは、「鬼は外、福は内」と豆をまいて鬼を追いはらいましたか?
 さて、この絵本にも鬼みたいに恐ろしいヤツがいるようです。その名はイッサイ。めちゃくちゃ悪いことをして、動物たちを困らせているサイなのです! 例えば、お昼寝しているワニのしっぽを踏んづけたり、木の幹に体当たりをして木の上にいたサルたちを落としたり。イッサイは、動物たちにどれだけひどいことをしても知らん顔。
 困り果てた動物たちは、きのこちゃんという女の子に助けを求めます。イッサイの行動を観察したきのこちゃんは、イッサイをこらしめるある方法を思いつきます。そして、動物たちとともに作戦を実行するのですが...。あまりにも意外な結末にびっくりする絵本です。





すべてはこの日この時のために


0218book02.jpgのサムネール画像
 高校生の男子、依田いつかは3カ月前にタイムスリップしてしまいます。始まったばかりのドラマの結末、付き合っている彼女と別れることなど、すべて知っています。そしてこれから先、同級生が自殺することも。しかしなぜか、それが誰なのかは思い出せません。自殺を止めるために、いつかはクラスメートの坂崎あすなに相談を持ちかけます。名前の分からない「誰か」を探し始める2人。果たしてその「誰か」を見つけ、自殺を止めることはできるのでしょうか?
ミステリーの要素だけでなく、青春、友情、家族愛も描かれています。温かい気持ちになれる場面も数多くあるので、この著者の作品によく出てくる心がヒリヒリするような場面に辛くなっても、読み進めることができます。読者を裏切るような結末には驚かされますが、読後感がとてもさわやかな小説です。




紹介者:大津市立図書館/中村みづきさん(こども本)・山田敦子さん(おとな本)

今月のおすすめ本

0128book01.jpgのサムネール画像

何が起こるかな? 意外性を楽しめます

 表紙を見ると、タイトルの「だって...」というインパクトのある文字をはさんで、女の子とお母さんが何やら言い合っています。
ページを開くとまず、お母さんが女の子に「どうしてごはんのおかわりをしないの」と聞いています。すると女の子は、「だって...」と言い、次のページを開くと、テーブルの上にとてつもなく大きなご飯茶碗が置かれているのです。そんな大きな茶碗ではおかわりできませんよね。
このような、お母さんの「どうして...」と、子どもの「だって...」のやりとりが繰り返されます。そして、最後は反対に子どもが「どうしてだっこしてくれないの」と聞く大きな文字と、お母さんが「だって...」と答える小さな文字。
日常で繰り返される「どうして...」「だって...」も、この絵本を読めば親子で笑顔になれますよ。





0128book02.jpgのサムネール画像
幸せはどこから...、足元から!!

 「シューフィッター」をご存じですか? 最近はよく聞かれるようになりましたが、足にピッタリ合う靴との出合いをつくる人たちのことです。
普段から、なかなか自分に合う靴がなくて...と思われている方も多いはず。合わない靴を履いて足の健康を損ねないように、良い靴を履くことで幸せな気持ちになれるようにと、シューフィッターは努力を重ねているのです。そんなシューフィッターが奇跡を起こした靴にまつわる話をはじめ、足と靴の関係や健やかな足を保つコツ、シューフィッターについて、さらに彼らに出会えるお店リストまで掲載されています。
これを読むことで、日常生活で欠かせない靴の存在と足との関わりがわかり、またシューフィッターという強い味方がいるという安心感も得られ、健康的ですてきな毎日が過ごせそうですよ。



紹介者:草津市立南草津図書館/濱加代子さん

今月のおすすめ本


ぼくはウサギ、旅するウサギです

 主人公は旅好きなウサギさん。見た目は少年のようで、言われなければウサギには見えない。旅のスタイルは一人旅。長い旅や短い旅(ウサギさんによると〝さんぽ〟も含まれる)、いろんなところへ出かけていって、いろんな人に出会い、おいしいものを食べる。どこか日本的な景色の中、ローカルな旅をしているような、ゆったりした時間が流れる。本文と関係のないスケッチ風の挿絵も現実とファンタジーのあいだのような不思議な雰囲気を作り出している。
 一つ一つのエピソードはどれも短くて、どこから読んでも楽しめる。ワクワクする冒険や大事件は起きないけれど、心に残る言葉が、ところどころに散りばめられていて、読み応えは十分。次はどんな旅に出合えるのか、ページを開くのが楽しみになる一冊。





1217コラムブック02.jpg
卵かけご飯いただきます!

 お人好しで自称「ツイてる男」ムーさんこと村田二郎は、限界集落と呼ばれる蛍原村で養鶏業を営んでいる。ある日ムーさんは、村の活性化のため、自慢の卵を使った「卵かけご飯専門店」をつくると宣言する。 山奥に客は来ないというみんなの心配をよそに、なんとか開店はしたものの、にぎわったのは最初だけ。日に日に客足は遠のき始める。果たして村を元気にしたいというムーさんの願いはかなうのか...。
 無謀な開店に反対していた村の人たちが、いつのまにかムーさんの前向きな思いや人柄にひかれ、店に関わっていく。これは住民主体で地産地消という限界集落再生のヒントにもつながる。
 蛍原村の豊かな自然が全編に描かれ、ムーさんの卵かけご飯がとてもおいしそう。読後はほっこりとしたやさしい気持ちになること間違いなし。




紹介者:東市立図書館/奥野善久さん(子ども本・おとな本))

今月のおすすめ本

1119book01.jpg

このなぞ解ける? 手がかりは絵の中に

 ラッパを吹くリーダーのフェリックス、頭の回転のはやい女の子アデーレ、甘いお菓子が大好きなロロ、さいごにキキと、キキがいつも連れているリス。この4人と1匹が正義の味方「くろて団」のメンバー。好奇心旺盛な彼らは、小さな「なぞ」を一つ一つ追いかけるうちに、大きな事件を解決に導いていく...。
 「くろて団」の冒険物語を読みながら、読者もクイズ形式でなぞ解きを楽しめるようになっています。事件の手がかりは絵の中に隠されていますので、彼らと一緒に答えを探してみてください! きっと彼らの推理力と観察力の高さに驚かされるはずです。
この本の作者ハンス・ユルゲン・プレスの息子ユリアン・プレスが、父の作風を受け継いで発表した『くろぐみ団は名探偵』シリーズも出版されていますので、そちらもぜひお楽しみください。


1119book02.jpg
生きることいとおしむこと、物語にのせて


 冒頭、大学生のゆきなが兄の部屋で本を読んでいると、その兄本人がいきなり部屋に入ってくる。驚愕(がく)するゆきな。いつものように、イケメンで、読書家で、料理上手な「お兄ちゃん」。しかし、ゆきなと「お兄ちゃん」は、二度と会うはずではなかった。
 そうした「お兄ちゃん」とのたわいもない日常、優しい香月君との恋、それは当たり前のように思えて、絶対ではなかった。ゆきなは生きていく上で「失う」ことの痛みを身をもって知ることになる。
 サリンジャーの名作を思い起こさせるタイトルです。その名の通り、この小説を構成する9章には9つの物語のタイトルが付けられ、各話に重要な意味をもたらします。大きな出来事を乗り越え、一回り強くなったゆきなが最後に語る「小説」というものへの思いが、本を読むことのすべてを語っている気がします



紹介者:野洲図書館/梅原彩花さん(こども本)・大﨑優美さん(おとな本)

今月のおすすめ本

1022book01.jpg

ぬいぐるみは一番最初のおともだち


 鼻にかみつかれたり、首を持ってふりまわされたり、大きな耳で鼻水を拭かれたり。あの子の大事なぬいぐるみのゾウ、キリン、ライオンはもううんざり。こんどはもっといい子に買ってもらえるように、こっそり家出して動物園の売店に帰るつもりです。それなのにあの子が泣いて自分たちを探していると聞かされて、なぜだか胸がきゅーっと痛くなってしまいます。
 手荒な扱いを受けていたはずなのに、思い出すことはうれしいことばかり。売店かあの子の元か。果たして彼らが選んだ道は。
 あの子を思って揺れるぬいぐるみたちの心情が丁寧に描かれています。やさしく、少し憂いを帯びた挿し絵がそれを引き立ててくれます。
4ページごとにカラーの挿し絵つき。小学校低学年からはひとり読みにもおすすめです。






ひとりの研究者と日本の文化

1022book02.jpg
 日本文学研究の第一人者ドナルド・キーンさんは2012年、日本人になりました。この本はテレビ番組でのインタビューを活字化したものです。
 アメリカ生まれのキーンさんが初めて日本の文化に触れたのは1940年、英訳版『源氏物語』を読んだときでした。その後、大学や海軍で日本語を修得し、1953年に京都大学の留学生になります。
 日本美の真髄は銀閣寺にあると彼は語ります。床の間に生け花、墨絵といった現代人が連想する日本の伝統は東山文化が完成したものです。日本の美意識の特徴は質素なものを好むということ。彼もその質素な表現に心ひかれるというのです。
 東日本大震災の直後、「今こそ日本人とともに生きたい」と決意を表明。56年間勤めたコロンビア大学を退職し、日本に居を定めました。日本を愛する彼は日本人の底力を信じているのです。



紹介者:守山市立図書館/井澤知恵さん(こども本)・天谷真彦さん(おとな本)

今月のおすすめ本

book091701.jpgのサムネール画像
金色に光り輝く、子どもたちへの愛

 ドイツのハーフェルラントの村に、リベックじいさんが住んでいました。リベックじいさんは子どもが大好き。秋になり、屋敷の庭にあるなしの木に金色の実がなると、リベックじいさんは、それをかごいっぱいにもいで子どもたちに声をかけます。「なしをひとつ、いかがかな」。そうして何年もの年月が流れ、リベックじいさんはおだやかに天に召されました。
 ところがその後にやってきたいじわるな跡取り息子は、庭に柵を作って、なしの実をひとりじめにしてしまいました。しかし、リベックじいさんはそんなことはお見通しでした。自分がいなくなったあとも子どもたちになしを食べさせてやりたいと、遺言を残しておいてくれたのです。
ドイツのなしの木の伝説を下敷きにかかれた、美しい版画の絵本。表紙のリベックじいさんの満ち足りた笑顔が印象的です。





book091702.jpg
女性スタッフがみた黒澤明監督


 先日、黒澤明監督・三船敏郎主演映画「用心棒」とその続編「椿三十郎」をみました。他の映画もみたいと思っていたところ本書をみつけました。黒澤映画の長年のスクリプター(記録)だった著者が書いた黒澤組回想録です。
 戦後の日本映画界の混乱、黒澤明監督の苦悩、極寒のシベリアでの撮影、監督と三船敏郎らとの逸話など、黒澤映画の撮影話が著書自身の味のあるイラストと共に軽快に語られています。カメラワークから作中の音楽までこだわった監督に、スタッフが悪戦苦闘しつついかに応えたか、40秒の映像にも労力を惜しまずに映画が作られたことが本書でわかります。
 しかし、それらの大変な苦労話も、著者の柔らかい人柄がうかがえる文章のおかげで楽しく読むことができます。当時の撮影風景が目に浮かび、映画作りがとても魅力的に感じられる本です。



紹介者:大津市立図書館/西本麻理子さん(こども本)・戸田みつるさん(おとな本)

今月のおすすめ本

ほわわーんと香るやさしいせっけん

0827book01.jpg
 森の外で遊んできたカラスは、白くてまるくていいにおいのするものを拾ってきました。それは人間が使う「せっけん」だと、物知りのフクロウが教えてくれました。
 カラスが試しに体を洗ってみると、さっぱりして、いいきもち。あまりきもちがいいので、カラスは森のみんなにもせっけんを貸してあげることにします。うわさを聞いた森の動物たちがやってきては、体を洗ってきれいになって、みんな大満足です。しかし、ゾウが体を洗った後、大事なせっけんが見当たらなくなってしまいました。せっけんはどこへいってしまったのでしょう?
 繰り返し出てくる「じゃぶ じゃぶ ぷるる ぷわららら」という音が楽しく、耳に残ります。読んだ後もきっと、思わず口ずさんでしまいますよ。






0827book02.jpg
人生はびっくりが続くからこそ楽しい?

 「毎日忙しくて、一人でゆったり読書する時間なんてない!」という方には、すぐに読めて、でもちょっと深い、こんな絵本をおすすめします。
 仲の良い夫婦のところに、小包が届きます。中に入っていたのは、ピンク色をした小さくてかわいい生き物、ザガズー。世話に手のかかるザガズーのことを夫婦は幸せいっぱい、愛情いっぱいにかわいがりました。ところがある日、朝起きてみると、ザガズーの様子がおかしいのです。大きなハゲタカの姿になってしまっていて、おそろしい声で鳴いては二人を困らせます。そしてまたある朝には小さなゾウになり、またある朝には...。
 本の冒頭で訳者の谷川俊太郎さんが解説を寄せていますが、先には読まないで。この解説はぜひ、本文を読み終えてから読んでください。



紹介者:草津市立図書館/大西協子さん(こども本・おとな本)

今月のおすすめ本


0730book01.jpg

読める喜び、書ける喜

 子どもの頃、貧しくて学校に行けなかったおばあちゃん。読み書きができないまま生きてきて、ずっと苦労していました。
メニューが読めなくて、外食をあきらめた。値段が読めないから、いつもお札で支払う。自分の名前が書けなくて、銀行でお金を下ろせなかった...。そんなおばあちゃんに、孫が識字学級を勧めてくれました。
 病院で初めて自力で書いた名前を、看護師さんがちゃんと読んでくれた時の喜び。「うれしくてびょうきもなおりました」。駅で人の悪口を書いた落書きを見て「びっくりして はらたってなみだがでました」。
 60歳を過ぎてようやく覚えたひらがなでつづる日記は、私たちに読めること、文字を書けることの大切さを強烈に突きつけます。
 実在する大正生まれのおばあちゃんを主人公に、苦労をものともせずユーモラスに生きる姿を描く関西弁の絵本。




0730book02.jpgあなたにとって、家とは何ですか?

 家を手に入れるには、数千万円のローンを組むことが普通の時代。人間の生活に欠かせないはずの家の入手が、なぜこれほど困難になったのか。
 モバイルハウスとは著者の坂口さんが名付けた、土地に定着していない移動式の家のこと。車輪がついて移動可能な家は、法律上は家ではないので免許がなくても建てられ、固定資産税も不要。
 川沿いに並ぶブルーシートハウスに建築物として興味を持った坂口さんは、路上生活者からノウハウを学び、ホームセンターで買った材料と、廃材で約3畳大のモバイルハウスを作った。費用はたった3万円足らず。
 ガスや水道はないが、ソーラーパネルで扇風機やパソコンも使える。郵便もピザも届く。3万円の家でも快適に過ごせるではないか...。
 土地とは何か、家とは何か、人々が忘れてしまっている「家」の根源的な在り方をもう一度考え直す一冊。



紹介者:栗東市立図書館/吉川しのぶさん(こども本・おとな本)

今月のおすすめ本


book01-0625.jpg〝数〟の面白さ、奥深さ


 昔、インドに一人の王様がいました。王様の米蔵には人々から召し上げたお米がいっぱい。ところが飢饉(ききん)の年がやってきても、王様はお米を分け与えようとしません。
 王様から一つご褒美をもらえることになった村娘のラーニが望んだのは、1粒のお米。それを次の日は2粒、その次は4粒というように、30日間〝前の日の倍の数〟もらうこと。ささやかな褒美だと、その願いを聞き入れた王様でしたが...。
 「たった1粒のお米がこんなことに!?」と、ページをめくるごとに驚きも倍増。〝数〟の面白さ、奥深さに目を開かれる思いがします。インド細密画を取り入れた美しいイラストも見事。特に30日目、見開きのページは圧巻です。賢いラーニが知恵の力で王様をこらしめる痛快なストーリーは、小学校中学年から大人まで幅広く楽しめます。




「教えてくだせえ、三成のこと」
book02-0625.jpg 近頃、県内で石田三成の人気が高まり、各所で企画展も開催されているとか。そこで、数ある三成小説の中から、今回は一風変わったこちらをご紹介しましょう。
 舞台は、かの関ヶ原合戦から30年を経た泰平の江戸。そんなご時世に、関ヶ原と石田三成について調べて回る一人の町人が現れます。西に東に関ヶ原の生き証人たちを訪ねては、彼らの話を聞き集め、最後に必ず三成とはどのような人物かを問いただす。そこには意外な目的が...。
 本書の面白さは、関ヶ原という一つの事象を三者三様の目線で捉えられる意外性と、全編通して方言にまみれた語り口調であるためか、まるでその場に居るかのような臨場感が味わえるところでしょうか。三成の印象もご近所さんを語るがごとく。戦国英雄譚(たん)に食傷気味の方に、こんな石田三成はいかがでしょう。


紹介者:野洲市立図書館
     谷口雪子さん(こども本)・武藤佳央理さん(おとな本)


今月のおすすめ本

描いた絵が本物になったら!

0528book01.jpg

 たくさんのお菓子やお姫さまみたいなドレスの絵が本物になったらどんなにいいだろう。誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
 ドロシーはもらった絵の具で大好きな動物たちを、物置部屋の壁や床いっぱいに描きました。ゾウやキリン、カンガルーなど。中にはちょっとへんな動物もいます。
 明け方大きな音で目を覚ましたドロシーが階段を下りていくと、壁に描いた緑色の大きなネズミが動き出し追いかけてきました。ペットのネコ・クララは小さすぎてどうすることもできません。動き出した動物は街に飛び出し大暴れ。その上、ネズミなのに緑なのはおかしい、とか犬なのに足が6本もあるとけんかを始めます。
 黒い縁取りで描かれた動物はどれもカラフルに着色され、表情が豊か。本を開くと心躍るような絵が目に飛び込んできます。ドロシーと一緒に楽しい夢を見ませんか。






小学校入学に単身赴任  泣きそう...

0528book02.jpg
 アヤさんは2児の母ですが、大の泣き虫です。そのため夫の哲也さんはこの春からの単身赴任のことを言い出せずにいました。日が迫り打ち明けると、案の定アヤさんは「なきむし姫」に。ほかにも、小学生になる息子のことや、厄介なお隣さんのことでアヤさんは不安がいっぱいです。
 あっという間に4月になり、哲也さんは単身赴任、息子は小学1年生に。発熱のため欠席で迎えた入学式の日、アヤさんは幼なじみのケンちゃんに出会います。バツイチで子持ちのケンちゃんは同じクラスの保護者でした。ケンちゃんは幼なじみとしてアヤさんを助けるために、いろいろと作戦を立ててくれます。
 夫がいなくてもがんばろう!と意気込むアヤさんの1年はどうなるのでしょうか。
 「ナイフ」「エイジ」「ビタミンF」などの著書がある重松清さんの手によるハートウォーミングストーリーです。






紹介者 : 守山市立図書館
       井澤知恵さん(こども本)・茶谷えりかさん(おとな本)