2015年9月アーカイブ

今月のおすすめ本


子どもの日常は冒険に満ちている0926book01.jpgのサムネール画像


 小さな女の子、ベッツィ・メイの日々の小さな出来事を描いた短編集です。
ベッツィ・メイの毎日は、大事件と大冒険の連続です。窓辺に来る鳥の餌台を作ったり、散歩の途中に会うカカシを怖がったり、人形を友だちと取りっこしたり...。
大人には取るに足りない小さなことですが、彼女は自分なりに一生懸命考えて、ピンチを乗り越えようとします。子どもの愛らしさと純粋さに満ちたその姿は、私たちを知らず知らずのうちに笑顔にしてくれます。
子どもが一人で読んでも読みやすく、大人が読み聞かせてあげても楽しめる、絵本から物語への第一歩として最適の一冊です。
原書を二分冊にした残りもう一冊「ベッツィ・メイとこいぬ」も併せてどうぞ。





10年書き続けられた日記の面白さ  
0926book02.jpg
 人の日記を読む機会なんて、そうめったにあるものではありません。この本はお笑い芸人であり、俳優や映画監督としても活躍する著者が、10年間3652日、毎日欠かさず書いた日記です。
仕事のこと、家庭のこと、さりげない日常の風景から、最愛の娘の死、新しい命の誕生など心を大きく揺さぶる事件まで、簡潔で淡々とした文章でつづられます。日々の出来事の描写の中にふと差し込まれた著者の心情、その抑えた表現がかえって読者の想像力をかき立て、そこに書かれなかった心の葛藤を感じさせます。
10年という歳月の記録は、人生には大きく変わるものもあれば、ずっと変わらないものもある、それを目に見える形で私たちに示してくれます。
10冊を一気に読んだり同じ月をまとめて読んだり、いろいろな読み方をお楽しみください。



紹介者 : 栗東市立図書館 都築美佳さん