2017年1月アーカイブ

今月のおすすめ本

0128book01.jpgのサムネール画像

何が起こるかな? 意外性を楽しめます

 表紙を見ると、タイトルの「だって...」というインパクトのある文字をはさんで、女の子とお母さんが何やら言い合っています。
ページを開くとまず、お母さんが女の子に「どうしてごはんのおかわりをしないの」と聞いています。すると女の子は、「だって...」と言い、次のページを開くと、テーブルの上にとてつもなく大きなご飯茶碗が置かれているのです。そんな大きな茶碗ではおかわりできませんよね。
このような、お母さんの「どうして...」と、子どもの「だって...」のやりとりが繰り返されます。そして、最後は反対に子どもが「どうしてだっこしてくれないの」と聞く大きな文字と、お母さんが「だって...」と答える小さな文字。
日常で繰り返される「どうして...」「だって...」も、この絵本を読めば親子で笑顔になれますよ。





0128book02.jpgのサムネール画像
幸せはどこから...、足元から!!

 「シューフィッター」をご存じですか? 最近はよく聞かれるようになりましたが、足にピッタリ合う靴との出合いをつくる人たちのことです。
普段から、なかなか自分に合う靴がなくて...と思われている方も多いはず。合わない靴を履いて足の健康を損ねないように、良い靴を履くことで幸せな気持ちになれるようにと、シューフィッターは努力を重ねているのです。そんなシューフィッターが奇跡を起こした靴にまつわる話をはじめ、足と靴の関係や健やかな足を保つコツ、シューフィッターについて、さらに彼らに出会えるお店リストまで掲載されています。
これを読むことで、日常生活で欠かせない靴の存在と足との関わりがわかり、またシューフィッターという強い味方がいるという安心感も得られ、健康的ですてきな毎日が過ごせそうですよ。



紹介者:草津市立南草津図書館/濱加代子さん