2015年9月アーカイブ

タンドリーフィッシュ

「小わざの利いた簡単おつまみ」 ビールのお供に

0912レシピP.jpgレシピ「小わざの利いた簡単おつまみ」第6回は〝タンドリーフィッシュ〟です。
おなじみのタンドリーチキンを白身魚で。鶏肉に比べてつけ込み時間がぐんと短縮でき、手軽なところがポイントです。スパイシーな風味が、ビールと相性バッチリ。
講師は、セカンドキッチンスタジオ講師の竹内啓子さんです。
「つけタレの材料さえそろえば、とても簡単。今回はタラを使いましたが、アブラカレイなど他の白身魚でもOK。食品保存用袋に残ったつけタレも魚にしっかり塗り付けて焼いてくださいね」


●材料(2人分)

タラの切り身(白身魚)         2切れ
つけタレ
 プレーンヨーグルト            40㌘
 カレーパウダー                 大さじ1
 ガラムマサラ(あれば      小さじ1
 ケチャップ                        大さじ1
 ウスターソース                 大さじ1/2
 ニンニク(すりおろし)         小さじ1
 ショウガ(すりおろし)       小さじ1
 オリーブオイル                 少々
 チリパウダー(好みで)      少々


●作り方

①タラは酒と塩(分量外)をふって20分程度おき、水分を拭き取る。
②❶とつけタレの材料すべてを食品保存用袋(ファスナー付き)に入れ、もみ込む。そのまま1時間ほど漬け込む。
③タラを袋から取り出し、クッキングシートを敷いた天板に並べ、200℃に温めておいたオーブンで焼き色が付くまで(約15分)焼く。



.
0620レシピP03.jpgのサムネール画像竹内啓子さん
「セカンドキッチンスタジオ」講師。料理教室「K*DINIG」主宰。アメーバブログ(アメブロ)=http://ameblo.jp/kdining=で料理情報を発信
【セカンドキッチンスタジオ】
草津市追分南6-19-18、☎077(562)5997、http://www.secondhouse.co.jp/sec9-living.html