2016年2月アーカイブ

菜の花と胡桃の酒粕白和え

「小わざの利いた簡単おつまみ」 ウイスキーのお供に

0213レシピ02.jpg レシピ「小わざの利いた簡単おつまみ」第11回は、口の中で酒粕(かす)の香りがふんわり広がる〝菜の花と胡桃(くるみ)の酒粕白和え〟。菜の花に春を感じる一品です。
 酒粕料理に合うのはやっぱり日本酒。お酒の二重奏を楽しんで。
 講師は、料理教室トントンスタジオ主宰の前田理紗さんです。
 「酒粕を使うことで味にコクが加わるので、塩分控えめでもおいしくいただけますよ。さらに味を足したい場合は、合わせみそを。クルミを使うと食感がいいですが、なければすりゴマを代用して」


●材料(3~4人分)
菜の花    1/2束(100㌘)
ニンジン    1/2本(60㌘)
酒粕    30~50㌘
素焼きクルミ    30㌘
木綿豆腐    1/3丁

きび砂糖    小さじ1/2
薄口しょうゆ    小さじ1/2
塩    少々

●作り方
①菜の花は1~2分塩ゆでし、水にさらして水気を絞り、3㌢幅に切る。ニンジンは長さ3㌢の細切りにしてさっと塩ゆでし、ざるにあげて冷ます
②ボウルに酒粕を入れ、お湯(分量外)を注いで10分ほど置く。柔らかくなったらお湯を捨て、よく混ぜてペースト状にする
③クルミ半量をみじん切りにして❷に加え、スプーンの腹でクルミをつぶしながら混ぜ合わせる(クルミはすり鉢ですりつぶしてもOK)
④木綿豆腐をキッチンペーパーに包んで水分をしっかり絞り、❸に加えて混ぜる。Aも順に加え、その都度よく混ぜる
⑤残りのクルミ半量を粗く砕き、❶と一緒に❹に加えて和える




0213レシピ01.jpg

前田 理紗さん
大津市膳所の古民家で、旬野菜をたっぷり使った和食の家庭料理や、野菜を中心としたお菓子の教室「トントンスタジオ」を主宰。
http://tontonstudio.com