2017年2月アーカイブ

0211レシピ.jpg
 この時期の定番・鍋料理に、発酵食品を加えて〝体にうれしい食卓〟づくりを。教えてくれたのは、フードコーディネーターの籔本敦子さんです。
 「素材のうま味を引き出す塩こうじを2段階使いし、おいしさをよりパワーアップさせます。まずは豚肉にまぶして下味を。そして、後から鍋の調味に塩こうじダレを全体に回しかけます。白菜と豚肉の甘みに、チーズともちが絡み合うとろとろの食感を楽しんでください。お好みでぽん酢をかければ、さっぱりとした味わいに変身しますよ」









●材料 (2~3人分)

豚バラ薄切り肉200g、白菜1/2玉、ニンジン1/2本、切り餅3個、塩こうじ大さじ2、ピザ用チーズ50g、A=<酒1/4カップ、塩こうじ大さじ1、ショウガのすりおろし1片分>、粗びき黒こしょう・ぽん酢(好みで)各適量


●作り方

①豚バラ肉は長さを半分に切り、塩こうじをまぶす。ニンジンはピーラーでリボン状に削る。切り餅は4等分の薄切りにする
②白菜は1枚をそぎ切りにし、鍋の底に敷き詰める。残りの白菜と豚肉を交互に重ね、約5㎝幅に切り、鍋に隙間なく並べる。間にニンンジン、切り餅を詰め、混ぜ合わせたAをかける
③フタをして中火にかけ、沸騰したら弱火にし、約10~15分蒸し煮にする。豚肉の色が変わったらチーズを散らし、フタをして弱火で約3分蒸し煮にする。粗びき黒こしょうをふり、好みでぽん酢をかける



0910レシピ.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


籔本敦子さん
フードコーディネーター

食品の通販カタログやレシピ冊子などのコーディネート、料理提案を多数手がける。家庭料理からスタイリッシュな食シーンまで、幅広いスタイリングに定評がある。